Avast Software が新しい会社名です

(PRAGUE, June 1, 2010) Rocket Chemical Company や Software Development Laboratories または Binney & Smith という名前を聞いたことがありますか。多分あるでしょうが名前がちょっと違うのではないでしょうか。これらの企業は成功した主要製品に反映して社名を変更したのです。順にWD-40, Oracle software そして子供用クレヨンの Crayola です。

今度はALWIL Software の番です。1億人以上の登録ユーザを有する アバスト! アンチウイルスソフトの会社名が2010年6月1日からAVAST Software となります。

「ネットでのユーザ調査によると、われわれの製品に満足しているユーザの中で会社名を認識できるのは少数派なんだ」とCEO である Vince Steckler はいいます。「新規ユーザの68パーセントが友人から勧められているので、会社名をもっと分かりやすくする時期が来たってことさ」

アバスト という名称はPavel Baudis とEduard Kucera が一緒に仕事を始めた直後である1989年から使用されています。「アバスト は当時開発していたプログラムのうちのひとつのコード名『Anti-virus – Advanced Set 』を単に省略したものなんだ」と Pavel Baudis は説明します。

最初の アバスト プログラムは1989年に市場に出回りましたがチェコスロバキアでのみ使用されました。数々の製品が発表されたのち、アバスト! 5.0 は今では地球上のほぼ全ての国と地域に1億人以上のユーザを有するようになりました。

アバストの起源はコンピュータよりももっとさかのぼります。なぜなら船乗りたちが17世紀から「アバスト」と叫んでいるからです。この言葉はオランダ語の houd vast つまり “hold fast“ (早くやめろ) に由来しているようです。「アバスト という名前はアンチウイルス製品にふさわしいんだ。なぜかというと停止という意味だし、いい歴史があるし、これからはAVAST Software としての未来もあるんだ」とBaudis は述べました。