自己資本投資家である Summit Partners 社が AVAST Software に 1億ドルを投資

アンチウイルスソフトの開発リーダーは継続的な成長を約束

2010年8月23日チェコ、プラハ及びイギリス、ロンドン - 世界で最も有名なアンチウイルスプログラムの開発者である AVAST Software は自己資本投資家である Summit Partners 社が自社に対し1億ドルを出資したと発表しました。

「Summit Partners 社が投資したということはフル装備の無料製品とプレミアム製品を組み合わせた『フリーミアム』というインパクトのあるビジネスの形態が信頼されたということ」と AVAST Software の CEO である Vince Steckler は言います。「この方法はすでに従来のアンチウイルス市場を動揺させている。広告を打ったり新しいコンピュータにインストールするためにお金を払ったりする代わりに、アバスト! のファンが友人に我々の製品を推薦してくれることにより AVAST は飛躍的な成長を続けているんだ。大勢の満足したユーザによる口コミは最も効率的で格安の広告形態だよ」

アバスト! アンチウイルスは現在地球上の5台に1台のコンピュータをマルウェアから保護しています。受賞歴を誇る保護はユーザの コミュニティIQ という疑わしいウイルスや感染したサイトのデータを提出するシステムに基づいています。独立した検査ではアバスト! 無料アンチウイルスの保護機能はほとんどの製品版と同等かそれより勝るということを証明しています。

「『フリーミアム』がトレンドさ」と. Steckler は加えました。「Summit Partners 社とともに高品質な無料のアンチウイルスをより多くの潜在的なお客様に提供するという戦略を続けていくつもりさ。この方法を変更するつもりはないし、昔からの販売方法に順応させるつもりだよ」

AVAST Software の共同設立者である Eduard Kucera と Pavel Baudis は過去20年間でウイルスによる数々の脅威と会社の劇的な飛躍を見守ってきました。「1988年にウイーンウイルスを削除するプログラムを書いた後、次のウイルスに出会ったのは半年後だったんだ。現在我々のウイルス研究所では1日に3000もの新しいウイルスのサンプルをデータベースに追加しているよ」と AVAST Software の 'ウイルスの師匠' である Baudis は言います。

「2000年初頭にアバスト!アンチウイルスの無料版をリリースしたとき成長するとは思ったが、製品が世界中でこんなに有名になるとは夢にも思わなかった」と取締役会長である Kucera は言います。

取締役として AVAST Software に名を連ねる予定になっている Summit Partners 社の最高経営責任者である Scott Collins 氏は「AVAST Software の CEO である Vince Steckler 氏と共同設立者である Pavel Baudis 氏と Eduard Kucera 氏はセキュリティソフトの市場において唯一の立場を切り開いてきた。AVAST に投資することは我々にとって喜びであり、会社を拡大し続けるために Vince 氏以下全ての経営陣と深く連携することを楽しみにしている」と述べています。

Summit Partners 社ロンドン支店の社長である Han Sikkens 氏は「Summit Partners は26年間にわたりセキュリティソフトウェア業界の利益の上がりそうな革新的リーダーに投資してきましたが、AVAST のようにこの業界がどのように業績を挙げているか再定義している会社は珍しい。われわれはこの例外的な会社が繁栄する可能性にワクワクしているよ」と述べました。